レビュー/テスト: Olixar ワイヤレス スピーカー


test-Avis-appreciation-critique-review-1

音楽のバック グラウンドを有する、いつも楽しいです、それはなだめ、濃度 (または音楽によると気晴らし) ことができます。 そういうわけで私は常に音楽を入れて私の iPod を使用して、私の唯一の問題はヘッドフォンを置くに本当に好きではない、音楽を共有すべきだと思います (電車など公共の場所でを除いて)。 しかし、スマート フォンの開発スピーカー、にもかかわらず彼らはすぐに飽和、したがって音は品質を失います。

でもダブル ジャックをケーブルか駅ない bluetooth, wifi を紹介するよ。 いいえ、ここで誘導技術を流れるドロップ ・再生 Olixar!

 

製品のプレゼンテーション:

ドロップ ・再生ワイヤレス スピーカー

駅は、内部バッテリーを充電するには、そのミニ USB ケーブルが付属します。 同様ケーブル ダブル ジャック (はい、デュアル 3.5 mm ジャック、誘導によってどちらかに動作)

駅の重量は非常に軽い、それは 155 g 13.4 センチ、幅 6.4 cm、高さ 4.7 cm のサイズにのみ起こる。 すべてこれにより、超軽量。

 

操作:

何もより簡単なケーブルを使わないダブル ジャック 3, 5 ミリメートル場合:

1-ボタンを"ON"駅 (そうでなければそれほどうまく機能!)

2 選択した彼の携帯電話またはスピーカーとその他のデバイス上の音楽

3. 白いスピーカー ステーション上の図面で表される 2 つのエリアのいずれかでデバイスのスピーカーを配置します。

直接、音楽の源によって出る音は増幅されるそしておなら音楽をすることができます!

オーディオ オン ブルートゥースと駅へのバインドにない必要がなくなり、WiFi を持っている必要がなくなる!バッテリー消費は、したがってのみ GSM、および bluetooth や wifi などは共有データのスピーカーで音楽の外に限定されます。 スピーカーとデバイスのすべてのタイプのための普遍的な駅だ!

しかし、それはいくつかの小さな迷惑を注目に値する: ソースのスピーカーの位置がよくない場合、駅は、もはや作品です。 音を変更する場合は、1 つはソースの設定を通過する義務があります。

駅の内部バッテリーは、再読み込みが必要になるまでに、音楽の良い 6 時間をかかります。

結論

彼の義務を満たす完璧な小さな筐体では、彼の bluetooth の詳細必要があります。 互換性の問題はありません。 すべてはその重量とサイズ、ポータブルのそれを確認して行われますが、駅のキャリッジのためのバッグを欠けている、それは残念!しかし、それは価格のための非常に良いリゾート!

 

記事へのリンク: http://www.mobilefun.fr/46802-enceinte-sans-fil-olixar-drop-and-play-induction.htm#descriptif-du-produit

test-Avis-appreciation-critique-review-2

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *